不動産を活用して資金確保したい!自宅を有効活用したい方必見!2020年最新の特におすすめできるリースバック業者を比較ランキングでご紹介します!

「固定資産税の悩み別|リースバックの解決策とは?」

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/01


資金を得るための選択肢として自宅を売却するという方法があります。しかし住み慣れた自宅に住み続けたいというニーズも多く、最近ではリースバックを利用する人が増えているようです。今回は特に「固定資産税」にスポットを当てて、固定資産税の支払いに悩んでいる方にリースバックの利用がどのように役立つのかについて具体的にご紹介します。

リースバックなら固定資産税は発生しない

リースバックとは、自宅など所有する不動産を第三者に売却し、かつ賃貸借契約を結ぶことで、売却後もそのまま住み続けられるというサービスです。売却代金は一括で支払われるので、老後の生活資金が心配な方や、急にまとまった資金が必要になったという方から多く利用されています。

引っ越しをする必要がなく、これまでと何ら変わらない生活を送ることができるので、自宅を売却したという実感があまりわかないかもしれません。

リースバックのメリットは、まとまった資金が得られること・住み慣れた我が家に住み続けられることの2点が大きいのですが、所有権を手放すことで「固定資産税の支払い義務がなくなる」というメリットもあります。

もし固定資産税を滞納していた場合でも、売却代金によって清算することができますから、リースバックは固定資産税で悩んでいる方にもおすすめのサービスと言えます。固定資産税の悩み別に、リースバックを利用するのにおすすめなケースについて具体的にご紹介しましょう。

相続した実家の固定資産税が高額なケース

最近は終活を行う人がずいぶん増えてきましたよね。身の回りの物を処分したり、遺言の準備をしたり、葬儀やお墓に関する希望を書いておいたり。終活は、自分らしい最期を迎え、残された家族に迷惑をかけないために大変有意義です。

終活においては、相続について考えることも忘れてはいけません。持ち家に住んでいる方の場合、家も相続の対象となります。子どもが家を相続することになった場合、相続税に加え毎年固定資産税も払わなくてはなりません。

子どもと同居していれば良いかもしれませんが、別居している場合は、親の家を相続したところで実際に住むかどうかも分かりません。とは言え所有権を持つ限りは、固定資産税を支払う義務があります。

このように、自分の死後、子どもに金銭的な負担をかけたくないという悩みを持つ中高齢の方におすすめなのがリースバックです。自分がまだ元気なうちにリースバックで不動産を手放しておくことで、子どもが相続後に固定資産税の支払いに苦しむこともありません。

一般的な不動産売却では次に住む場所を探さなければなりませんが、リースバックなら住み慣れた我が家に最期まで住み続けることができるというメリットもあります。

また、自分が子どもの立場で実家を相続したケースでも同じことが言えます。ずっと実家暮らしの場合は特に、相続して初めて自分の家の固定資産税の負担の大きさを知ったという方もいるでしょう。このまま実家に住み続けたいが、固定資産税の支払いが難しいという方にも、リースバックは最適な手段と言えます。

失業して固定資産税が支払えない!?

「夢のマイホーム」という言葉もあるように、持ち家を購入することはある種のステータスでもあります。まじめに働いて、コツコツ貯金しローンを組んで、ようやく手に入るマイホームですが、購入したら終わりではありません。

経年劣化で壊れた住宅設備の修理だったり、家族の形が変わったことでリフォームが必要になったりと、意外と維持費がかかるものです。毎年の支払いが義務付けられている固定資産税も、家の維持費のひとつと言えます。

しかし、その家の維持費が払えなくなるタイミングがやってくるかもしれません。その理由ひとつが失業です。どんなに安定した仕事に就いている自信がある人でも、景気の悪化で会社が倒産するかもしれませんし、怪我や病気で働けなくなる可能性は誰にでもあります。

そのような場合でも、リースバックを利用すれば、せっかく手に入れたマイホームから転居することなく固定資産税の支払いが不要になります。

また、失業によって支払いが困難になるのは固定資産税だけではありません。住宅ローンの返済も滞ってしまう方が多いのではないでしょうか。もし住宅ローンの残債が残っている場合でも、リースバックの売却価格がそれを上回る場合であれば利用が可能なので、売却で得たお金をローンの返済に充てることもできます。

まとめ

住み慣れた我が家から転居することなく、まとまった資金を手に入れることができるリースバック。所有権を手放すことになるため、固定資産税の支払いが不要になるというメリットもあります。

相続した家の固定資産税が思いのほか高くて支払うことができそうにないという方や、失業で固定資産税の支払いが困難になった方、また、子どもに自宅を相続させることで固定資産税の負担をかけたくないと願う方はぜひ、リースバックというサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧