不動産を活用して資金確保したい!自宅を有効活用したい方必見!2020年最新の特におすすめできるリースバック業者を比較ランキングでご紹介します!

住宅ローンが返済できない!競売にかけられる前にリースバックで家を確保!

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/25

せっかく頑張って手に入れたマイホームは終生大切に住みたいですよね。住んでいたら愛着も湧いてきます。とは言っても住宅ローンが返済できないなら次の手段も考えなくてはなりません。そこで注目を集めているのがリースバックです。家を確保しつつ支払いを進めることもできる方法です。

支払えない住宅ローンが増加してきている

マイホームを購入するときにはほとんどの方がローンを組んで分割で支払い契約にします。日常の生活もありますから、分割して支払うことは効率的ですし利用しない方が珍しいかもしれません。契約時には計画的、かつ負担が少ないようにと十分に考えて支払い回数などを決めます。

ところがその計画が長く続かない状況になることもあります。例えば転職して給与が下がったとか病気をして収入が途切れたとか、最近は天災も多いので、誰もが何が起こるかわかりません。そのため、途中で住宅ローンが支払えなくなった・他にまとまった金額が必要になったということも多くなっています。

とは言っても、せっかく購入した自分の家は愛着もありますし、実際に住む場所の問題も出てくるので、簡単にマイホームを手放すわけにはいきません。しかし、支払いが遅れれば督促もかかってきますし、利息もかさみ余計に支払い金額はアップしてしまいます。

ローンが支払い終えるまではローン会社が立て替えているので抵当権がかかっていることが多いです。ですから、自由にできないので身動きがとれなくて困ってしまいます。

そんな時に活用したいのがリースバックで、自分の家を違う新しいオーナーさんに売って、今度はそのオーナーさんからの賃貸物件として住むシステムです。売却するのでまとまった金額が入りますのでローンを支払ってしまうこともできます。

支払いを滞ると最悪の場合は裁判で競売に

自分の夢だったマイホームは手元に残して手放さないようにしておきたいですよね。だからと言って、支払いが厳しいのに住み続けて、延滞したり支払いをストップしてしまうと、ローン会社も回収するためにさまざまな手段を講じてきます。

まずは督促が電話や手紙などできますし、それにも応じないと今度は住宅ローンの保証会社に請求権が移り、そこが担保として自宅を差し押さえします。

差し押えすると勝手に売ったりできなくなります。同時に強制的に家を売ることができるようにと、裁判所に競売の申請をします。裁判所が認めると競売開始の通知がされて、裁判官や不動産鑑定士が自宅に来て、価格を決める査定を行います。

つまり、競売になってしまうと自分の希望の価格を反映することなどはできませんし、一般的に平均的な相場よりも低くなる傾向が強いです。そこから競売にかけられて、値段が決まります。競売で売却が決まれば強制執行が行われるので拒むことはできません。また、競売が開始されると他の方法を提案することもできません。

競売になる前なら任意売却と言う方法も取れて、リースバックもできます。この方が値段も高くつきますし、自分の家を賃貸として住み続けることもできますので負担も少ないです。競売になってしまうと、ローン会社は何もできませんので、早めに相談して判断していくことがマイホームの存続にはポイントになります。

リースバックを利用すれば将来にも希望が持てる

支払いを延滞して競売にかかってしまうと、もう身動きが取れなくなります。結果的に自分たちの家を失ってしまい、生活も大きく変化してしまいます。

それに比べてリースバックを利用すれば、自分の家に住み続けながらも、住宅ローンの支払いを大きく進めることができます。全額返済できる場合もありますし、変化するのは賃貸として住むというスタイルだけです。この間に住宅ローンの返済に集中して、生活を立て直すようにしましょう。

でも、住み続けられると言っても賃貸になってしまったと気になる方もいるかもしれません。確かに一旦は新しいオーナーに変わりますが、生活が整い資金が用意できれば買い戻しも可能です。そのためには売るときに再売買予約権を付けておくことが条件ですし、他にも賃貸時に延滞しないなどのいくつかの条件もあります。

加えて買い戻し金額も納得できるかなどもあります。とは言っても、一時的に手放してお金の都合を優先したい方には、将来の希望と安心もあるので、良い意味での目標になります。完全に手放してしまうよりも、住み続けて家のメンテナンスはしつつ、時期が来たら所有も自分に戻すことができる優れたシステムです。

リースバックを活用すれば、マイホームに常に住むことができて生活は崩さずに済むのは大きなメリットです。競売になってしまうとマイナスからに戻るので、大きな違いと言えます。

 

住宅ローンの返済で困ったら、延滞して競売にかけられるよりもリースバックを利用するほうが賢い選択です。全てを失ってしまうよりも、リースバックなら賃貸になっても住み続けられますし、将来的に買い戻しもできるので、希望をもてるのもメリットです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧