不動産を活用して資金確保したい!自宅を有効活用したい方必見!2020年最新の特におすすめできるリースバック業者を比較ランキングでご紹介します!

親子間売買にリースバックを利用したほうがいい理由とは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/25

親子間においてリースバックする方法として、一度他人に預けて将来的に子供が買い戻したり、自分が元気な内に子供に自宅を譲ることが可能です。リースバックで所有権が投資家などに移っても、将来的に家族が買い戻すことができます。高齢の世帯だけでは住宅ローンなどが厳しい場合、経済的に余裕がある子供に売却することで自宅を守ることが可能です。

自宅に住み続けることができる

親子間売買においていろいろな手続きや特徴がありますが、親と子の間であっても不動産に関する手続きは複雑で、中には難しいケースもあるでしょう。リースバックは相続をする人が手続きの面や、相続トラブルを解決するにおいておすすめの方法です。

親子間売買と比較するといろいろなメリットがあり、親子間で売買すると場合によって売主と買主のどちらも税金が課税されるかもしれません。比較をすると相続する方が低い税率になっていることもあり、費用を抑えることが可能です。

しかし相続トラブルに関して、不動産の分割が困難という点があり、この相続トラブルを解決する方法としてリースバックを利用する人が増えています。不動産会社が買い取りし、その後リース契約により住みながら不動産を現金化できるのです。同じ場所にいて不動産を現金化することができ、相続に関係するいろいろなトラブルを解決することができます。

リースバックにはいろいろなメリットがあり、例えば生前に相続対策を行い寿命まで住むことが可能です。相続対策の困難なポイントになる不動産の分割を行い、自宅に住むことができるので引越しする必要がないです。自宅に住みながら相続対策を行うことができます。

賃貸として住むことができ、通常不動産などを現金化する場合不動産を売却し引越しする必要がありますが、リースバックを利用すると売却した後も同じ家を賃貸で借りることが可能です。親がいなくなった後に子供が再度購入することができたり、経済状態が良くなると再購入することができます。

贈与と見なされる可能性もあるので注意が必要

親子でも不動産を売買し名義を変更することによって、誰が相続するのか揉めることをなくすことができます。相続する際分割が難しいのが土地などの不動産で、現金や証券などであると分割協議をすることで割合に応じ分配することが可能です。不動産の場合土地や家屋になるので、実際に分配するのは困難です。

親と子の間で売買し不動産を子供名義にしておくと、不動産の手続きなどをスムーズに終わらせることができる良さがあるでしょう。不動産をどう分割するのかなど、相続トラブルをいくつか避けることが可能です。

贈与を行う場合と比較すると、税金でもメリットがあると言えます。親子間売買は税率が低いので、コストを抑えることが可能です。

しかし相続財産を売買する際にはいくつか注意点があげられます。ポイントになるのが不動産の価値をいくら設定するかです。親子間になると相場より安い価格で取引するイメージがありますが、市場価格より安いと贈与と見なされるかもしれません。市場価格と取引価格との差額について贈与税が課税されることもあるので注意が必要です。

現金によって不動産を売買しない場合、住宅ローンを利用することがありますが、住宅ローン審査は難しいでしょう。通常の不動産売買などと比較すると、審査が厳しくなる傾向があるので金融機関に相談することをおすすめします。

生前贈与は不動産を受け取る方には贈与税が必要になるので、生前贈与したり相続した方がお得なケースもあります。近年リースバックという方法を選択する家族が増えていて、自分たちに合った方法を選ぶことが可能です。

名義変更などの手続きが必要になる

親子間売買をする際のポイントとして、不動産に関わる手続きには注意が必要です。売買契約を締結する場合、親子間であっても契約を締結し売買契約書を作成しなければいけません。家族なのである程度軽く扱っても良いというイメージがあるかもしれませんが、税務署などから疑いがかからないようきちんと契約書を作成することが必要です。

契約を締結しなければいけない必要があり、書類関係に不備がないよう注意しましょう。名義変更も大事な作業で、売買契約が締結すると名義変更を行わなければいけません。不動産に関係する情報を集めたり、所有者を確定するため登記簿謄本を取得したり、戸籍や住民票などの書類を取得し名義変更する必要があります。

課税される税金があるので注意が必要です。不動産を購入したタイミングより高値で売却し利益が発生すると、利益に対しての譲渡所得税が必要になります。譲渡所得税は所有期間が5年超える土地や建物などの場合は課税価格×15%です。所有期間が5年未満だと、課税価格×30%として譲渡所得税が課税される仕組みになります。

譲渡所得税や復興特別所得税、住民税なども所有期間においてプラスされるでしょう。買主には不動産取得税がかかるようになり、固定資産税評価額×4%の税率です。

家族の売買でも何かしら問題が生じることがあり、事前に対策することによってスムーズに進められます。リースバックを利用するとこのような書類作成などの負担を抑えることができるでしょう。

 

親子間売買はいろいろな手続きが楽というイメージがありますが、意外とさまざまな手間や時間がかかることがあります。相続対策をおこなったりスムーズに手続きをする場合、自宅に住むことができるリースバックを検討するのも良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧